ラベンダーの話

秋吉ファームガーデン

ガーデン情報

ラベンダーの話

癒しと安らぎをもたらすラベンダーの香りを楽しんでいただけます。

ラベンダーの様々な効果

ラベンダーはシソ科の背丈の低い常緑樹で、鎮痛や精神安定、防虫、殺菌などに効果があると言われており、 ハーブティーやアロマセラピー、観賞用など様々な用途に使用されています。
秋吉ファームガーデンではスパイカ系[イングリッシュラベンダー] に属する「ボゴング」「インプレスパープル」という2種類のラベンダーを栽培しています。

栽培品種

スパイカ系[イングリッシュラベンダー]

ボゴング

直立した枝で背が高く育ちます。株のまとまりがよく、花穂の長さは5~6cmほどです。 開花時期は7~8月で、花の色は濃く、形が丸っこいのが特徴です。 日当たりの良い乾燥気味の土を好みますが、寒さ暑さに強く、容易に大きく育つのでとても育てやすい品種です。

インプレスパープル

直立して育つ枝に、他のラバンジンより短い葉が密につきます。 株のまとまりがよく、花穂の長さは5~7cmです。 開花時期は7~8月で、ラバンジンの中では最も濃い花色です。 花つきがよく多収量で、寒さ暑さに強いため、とても育てやすい品種です。

▲このページのトップへ